当前位置:
首页 > 中外名著 > 外国名著 > 地狱变(日文版)pdf/doc/txt格式电子书下载

地狱变(日文版)pdf/doc/txt格式电子书下载

本站仅展示书籍部分内容

如有任何咨询

请加微信10090337咨询

地狱变(日文版)pdf/doc/txt格式电子书下载

书名:地狱变(日文版)pdf/doc/txt格式电子书下载

推荐语:

作者:(日)芥川龙之介著

出版社:华东理工大学出版社

出版时间:2018-05-23

书籍编号:30415863

ISBN:9787893902659

正文语种:日语

字数:40707

版次:1

所属分类:中外名著-外国名著

全书内容:

地狱变(日文版)pdf/doc/txt格式电子书下载








ほり


かわ


おほ

殿

との


さま


かた


もと


あと



おそ


ふた



うわさ



かた



たん


じょう


まえ


だい



とく


みやう


おう


姿

すがた


おん


はゝ


ぎみ


ゆめ


まくら



もう


こと



かく



うま


なみ


なみ


にん


げん



ちが


かた



こと


ひと


わたし



ひょう



はや


はなし


ほり


かわ


やしき





はい


けん


いた


そう


だい


もう


ごう


ほう


もう


たう


てい


わたし


ぼん


りょ


およ


おも



ところ


なか


いろ


いろ


おほ

殿

との


さま



せい


こう



くわう


てい


やう


だい


くら


ことわざ



ぐん


もう


ぞう



かた



おぼ


しめし


けっ




ぶん


えい

耀

よう


えい



もう


しも


じも


こと



こう



てん



とも


たの


もう


だい


ふく


ちゅう




りょう


それでございますから、二



じょう


おお


みや

百鬼夜行

ひやつきやぎやう



ぐう


かく


べつ



さは


また


みち


のく


しほ


がま



しき


うつ



だか


ひがし


さん


じょう



わら


いん


よる


あら



うわさ


とほる


ひだり


だい


じん


れい


おほ

殿

との


さま


しか


姿

すがた



そう





こう


ころ


らく


ちゅう


ろう


にゃく


なん


にょ


おほ

殿

との


さま


もう


ごん


じゃ


さい


らい


たっと



けっ






うち


ばい



えん



かえ



くるま


うし


はな


おり


とお


ろう


じん




とき


ろう


じん



あわ


おほ

殿

との


さま


うし


こと


なん


ゆう


もう


こと


さやうな次



だい


おほ

殿

との


さま



いち


だい


あいだ


のち


のち


かた


ぐさ


こと


ずい


ぶん


たく


さん

大饗

おほみうけ


ひき



もの


あを


うま


さん


じゅう


とう


たまは


なが



はし


はし


ばしら



ちょう


あい


わらべ



こと

又華陀

くわだ


すべ


つた


しん


たん


そう


おん


もゝ


もがさ




こと


かず


かず




さい


げん


かず


おお



いつ



なか


いま



いえ


ちょう


ほう




ごく


へん


びょう




らい


ほど


おそ


はなし



ごろ


もの



さわ


おほ

殿

との


さま


とき

流石

さすが



おどろ



そば


つか


わたし


たましい



おも


もう



なか


わたし


おほ

殿

との


さま



じゅう


ねん


らい



ほう


こう


もう



すご



もの




こと


また


ぐらい


しかし、その御



はなし


いた


あらかじ




ごく


へん


びょう



えが


よし


ひで


もう




こと


もう




ひつ


よう



よし


ひで


もう


あるい


ただ


いま


なお


おとこ


こと


おぼ


かた


ころ



ふで


よし


ひで


みぎ



ひと



もう


ぐらい


こう


めい




とき


こと


とき


かれ


これ



じゅう


さか





ところ


ただ



ひく


ほね


かわ





わる


ろう


じん


おほ

殿

との


さま



やしき


まい


とき


ちやう



ぞめ


かり


ぎぬ


もみ






ひと


いた


いや


ほう




とし


くちびる




あか


うえ


また




わる




けもの


こころ


おこ


なか



ひつ



べに


もう


ひと




もっと


くち


わる


だれ


かれ


よし


ひで


たち



ふる


まひ


さる


もう


さる


ひで



あだ



こと


いや猿


さる


ひで


もう



はなし


ころ


おほ

殿

との


さま



やしき


じゅう



よし


ひで


ひと



むすめ

小女房

こねうばう


あが



また



おや



あい


きょう



うえ


はや


おんな


おや


わか


おも


ふか


とし



こう


うま


とし


わか



なに




だい


さま


はじ


がい


にょう


ぼう

可愛

かわい



すると何


なに


おり


たん



くに


ひと



さる


いっ


ぴき


けん


じょう


ちょう



いた


ずら


さか


わか

殿

との


さま


よし


ひで





ただ


さる


よう


可笑

をか


ところ




やしき


なか


だれ


ひと



わら


わら


おも


しろ


はん


ぶん


みな



にわ


まつ


あが


ざう



たたみ


たび


ごと


よし


ひで





かく



ところ


ある



こと


まえ


もう


よし


ひで


むすめ



ふみ


むす


かん


こう


ばい


えだ



なが



ろう



とお


とお


やり



むこ


れい



ざる


よし


ひで


おお


かた


あし


くじ




はしら



のぼ


げん



びつこ



いっ


さん



まい



すばえ


わか

殿

との


さま


かう



ぬす


びと




おつしや



よし


ひで


むすめ



あいだ


ちょう



とき




さる


はかま


すそ


あわ


こえ





きゅう



わい


おも


こころ


おさ



かた



うめ


えだ


まま


かた



むらさき


にほひ


うちぎ


そで


かる


ひら


さる




わか

殿

との


さま



まえ



ごし


おそ


ちく


しょう



かん


べん


あそ


すず


こえ


もう



が、若


わか

殿

との


さま


ほう






ところ



かお




たび



そく



ふみ


なら


「何


なん


さる


かう



ぬす


びと


「畜


ちく


しょう



むすめ


いち



くり


かえ


さび



「それに良


よし


ひで


もう


ちち



せつ


かん



ただ




おも



もう

流石

さすが


わか

殿

との


さま





「さうか。父


ちち


おや


いのち


ごひ



ゆる




しょう



しょう


あおぐ



すばえ




もと


やり



ほう


まま



かえ



よし


ひで


むすめ



ざる


なか


こと


むすめ



ひめ


さま


ちょう


だい


おう


ごん


すず


うつく


しん



ひも



さる


あたま



さる


また


こと


めっ



むすめ



はな


ある


とき


むすめ




ここ



ゆか



とき



ざる


まくら


すわ



こころ


ぼそ


かお


しきり


つめ




かうなると又


また


みょう


だれ


いま



ざる


かへ

可愛

かわい


はじ


わか

殿

との


さま


とき


どき


かき


くり




さむらい


だれ


さる


あし



とき


たい


そう



りっ


ぷく



おほ

殿

との


さま


よし


ひで


むすめ


さる




まえ






わか

殿

との


さま



はら


だつ


はなし




もう


ついで



ぜん


むすめ


さる

可愛

かわい


いはれ



みみ


「孝


こう


こう


やつ



かやうな御


ぎょ



むすめ


とき


くれなゐ


あこめ



ほう



いただ


ところ


あこめ


また






さる


うやうや


おし


いただ


おほ

殿

との


さま




げん


ひと


しほ


おほ

殿

との


さま


よし


ひで


むすめ



ひい



まった


さる

可愛

かわい


こう


こう


おん


あい


じょう



しょう



けっ



けん



かく


もう


いろ



この


やく


もっと


うわさ



おこ




ところ


また


あと



はな


いた


ただ


おほ

殿

との


さま




うつく


ところ





ぜい


むすめ


おも




ほう



こと


もう




さて良


よし


ひで


むすめ


めん


ぼく


ほどこ



まえ



もと



こう


おんな


ほか


にょう


ぼう


ねたみ



こと


かえ



らい


さる


いっ


なに


とり




ひめ


さま



そば



はな


もう


こと



くらい


もの



ぐるま


おくもつ



こと


が、娘


むすめ


こと


いち




また


おや


よし


ひで


こと


もう



なる


ほど


さる


ほう



みな

可愛

かわい


かん


じん


よし


ひで


だれ


いや

相不変

あひかはらず


かげ


さる


ひで


よばは



また



やしき


なか


げん



がは


そう



さま


よし


ひで


もう



さわ




かお


いろ




にく


あそ


もっと


よし


ひで


そう



さま



ぎょう


じょう


ざれゑ



もう


なに


ぶん


しも


うわさ


たしか



よう


もう



かく


おとこ



ひょう


ばん


ほう


うかが


調

ちょう



わる



いた



さん


にん




なか



あるい


また


おとこ




おとこ


にん


げん



しかし実


じっ


さい


よし


ひで



ところ


いや


ひと


いや


わる


くせ


まった



ごう



とく


ほか


いた


かた


その癖


くせ


もう


りん


しょく


けん


どん


はじ



なま


ごう


よく


なか


とり



はなはだ


おう


へい


こう


まん




ほん


ちょう


だい


いち




もう


こと


はな


さき



こと



みち


うえ


おとこ





けん

習慣

ならはし

慣例

しきたり


もう

莫迦

ばか


いた



えい


ねん


よし


ひで




おとこ


はなし


ある



ほう



やしき



だか



がき

巫女

みこ



りやう



おそろ



たく


せん


とき


おとこ


そら


みみ


はし


あり


あわ


ふで


すみ

巫女

みこ


もの


すご


かお


てい


ねい


うつ



もう


おお


かた



りやう



たた


おとこ





ども



くらい


おも


さやうな男


おとこ


きっ


しょう


てん



とき


いや


くぐつ


かお


うつ



どう


みょう


おう



とき



らい


はう


めん

姿

すがた


かたど


もっ


たい

真似

まね


いた


とう


にん


なじ


よし


ひで



しん


ぶつ


よし


ひで


みやう


ばつ




こと



そら


うそぶ

流石

さすが




あき


かえ


なか



らい


おそ


そう


そう


ひま





ひと


くち


もう


まん


ごふ


ちょう


でふ




かく


とう



あめ


した



ぶん


ほど


えら


にん


げん


おも


おとこ



したが


よし


ひで


ぐらい



みち


たか


とま



もう



もっと



おとこ


ふで

使

つか


さい


しき


ほか




ちが



なか


わる




なか



やま



もう


ひょう


ばん


だい



れん


ちゅう


もう


かわ


なり


かな


をか


ほか


むかし


めい


しょう


ふで


もの


もう


いた



うめ


はな


つき



ごと


におい


びょう



おほ


みや


びと


ふえ



おと


きこ


ゆう



うわさ



よし


ひで





かなら




わる


みょう


ひょう


ばん


つた


たと


おとこ


りゆう


がい



もん




しゆし


やう




いた




もん


した


とお


てん


にん


ため


いき


おと


すす



こえ


きこ


もう


こと


なか



びと


くさ



しゅう




もう


おほ

殿

との


さま





にょう


ぼう


にせ




うつ


にん


げん


さん


ねん



なか


みな


たましい



びょう




もう


わる



もう


よし


ひで



じゃ


どう



なに


しょう



と申


もう


よし


ひで


ひと



むすめ

小女房

こねうばう



ちが

可愛

かわい


こと


せん


こく


もう



とお


むすめ


いた



おや


おも


おんな


おとこ



ぼん


なう


けっ


おと


なに


むすめ



もの


かみ


かざり


こと


もう



てら


かん


じん



しゃ


こと


おとこ


きん


せん


さら




ととの



うそ



いた


が、良


よし


ひで


むすめ

可愛

かわい


ただ

可愛

かわい


むこ


もう


こと


ゆめ


こう



ところ


むすめ


わる




かえ


つじ


くわん


じゃ


かか


あつ


やみ


うち


ぐらい




りょう


けん


むすめ


おほ

殿

との


さま



こえ

小女房

こねうばう


のぼ


とき

老爺

おやぢ


ほう


おお



ふく


とう



あいだ



まえ



にが




おほ

殿

との


さま


むすめ


うつく



こころ



おや



しょう





もう


うわさ


おお


かた


よう




あて


ずゐ


りやう




もっと


その


うわさ


うそ



ぼん


のう


....

本站仅展示书籍部分内容

如有任何咨询

请加微信10090337咨询

本站仅展示书籍部分内容
如有任何咨询

请加微信10090337咨询

再显示